携帯の方はコチラ

ひとりH オナニー やり方

女性の為の性知識
性感帯 初エッチ 男女の体 レディースリサーチ 性病講座 性の用語集 大人のおもちゃ
女性の為の性知識TOP > 初めてのひとりH> ひとりHでオーガズム
性感帯講座
 女性の性感帯とは?
 クリトリス
 Gスポット
 ポルチオ性感帯

大人のおもちゃ使い方講座
 ローターの使い方
 バイブの使い方
 ローションの使い方
 アナルグッズの使い方
 SMグッズの使い方
 コンドームのつけ方

初めてのひとりH
 ひとりHのススメ
 ひとりH実践講座
 ひとりHで感じる体に
 ひとりHでオーガズム

彼と初めてのセックス
 初めてのセックス講座
 フェラチオのやり方
 セックス体位講座
 正しい避妊方法
 女性のベッドテクニック

女性の体、男性の体
 女性器を知ろう
 子宮を知ろう
 卵管を知ろう
 卵巣を知ろう
 月経について知ろう
 排卵日について知ろう
 女性特有の病気
 男性器を知ろう
 ペニスの平均サイズ
 「カリ」の形のナゾ
 どうして勃起するの??
 射精について
 インポテンツについて

レディースリサーチ
 ひとりHは当たり前!?
 どうやってひとりHする?
 大人のおもちゃは使う?
 どんな大人のおもちゃ使う?
 彼と大人のおもちゃを使う?
 いつひとりHしたくなる?
 初めてのセックスどうだった?
 セックスの体位で何が好き?
 イッたことある?
 自分からセックスを誘う?
 潮吹きしたことある?
 締まりはどうだろう…?
 不感症かなぁ…?
 避妊はきちんとしてる?

性病講座
 梅毒
 淋病
 急性型ヘルペス
 伝染性単核症
 エイズ(HIV)
 尖圭コンジローム
 クラミジア
 膣トリコモナス
 外陰部カンジタ症
 ケジラミ

性の用語集
 オーガズム
 オーラルセックス
 クリトリス
 潮吹き
 Gスポット
 性感帯
 フェラチオ
 ポルチオ




■オーガズムってそもそも何!?

オーガズム
オーガズムとは、快感が最高潮に達する事を指します。

統計では女性のオーガズム経験者は63%、女性は、身体的、精神的な不都合が無い限り誰でもオーガズムに達するような体になっているそうです。

それでもオーガズムに達したことない女性が多いということで、原因として考えられるのは、男性の経験不足、または自分の体の研究不足が主な要因です。

男性と女性の一番の違いはやっぱり、男性は一回イッたら終わりですが、女性は何回でもイクことができますよね。そして、女性のその快感は、男性の10倍とも言われてるのです!!

でもやっぱりオーガズムには個人差があります。
@最初にオーガズムに達して、それから何度もオーガズムを感じるタイプ
Aだんだん感情が上がっていって、最後にオーガズムを感じるタイプ
Bギリギリの所までいくが、最後までオーガズムの手前で終わるタイプ

これらの他にも人それぞれのオーガズムの感じ方があると思います。ですから他の人と比べて自分がどうだとか噂の感じ方に惑わされずに、それが自分のオーガズムなんだと受け入れてくださいね。

⇒オーガズムを感じてみたい☆

■女性の心と身体からオーガズムについて考えてみましょう

オナニーでオーガズム

女性の身体と心からオーガズムについて考えてみましょう。オーガズムを感じるためには何が必要なのでしょうか?オーガズムは精神的な物ではありません。

オーガズムは身体の反応ですから、精神的に満足していても、パートナーのテクニックが不足していたり、女性自身が自分の身体を知っていなければ感じることは出来ません。

でも、オーガズムを感じることができないのは精神的な理由からが、とても多いのです。ですから、パートナーがどんなに丁寧で愛情を込めて愛撫しても、女性が性的な刺激を受け入れて、快感に身を委ねることが出来なければ、オーガズムに達することは出来ないのです。

オーガズム(特に膣オーガズム)を感じることが出来ない女性はまずは、自分の身体と心を知ることから始めましょう。そのためには、積極的にひとりHをしてみるべきです!オナニーをして自分の身体の気持ちよい所を知り、自分の興奮するポイントを探しましょう。

そうすれば、パートナーのテクニックが不足している時に具体的にどうしてもらいたいかを話すことも出来ますね。また、ケーゲル体操で鍛えるとオーガズムを感じ易くなります。


■ひとりHを繰り返す

統計的にも、一番オーガズムを感じられるのがひとりHで、一番難しいのが、男女を結合するセックスという結果が出てるそうです。

まずは自分の性的感覚に没頭するのが大事です。クリトリスや小陰唇への刺激や時にバイブレーターを使って、オーガズムを得るようにしてみてくださいね!

⇒乳首でもこんなに気持ちいい☆


■ケーゲル体操

オーガズムに至らない女性の多くは、刺激を受けている時に膣周辺の筋が弛緩していると言われているので、膣周辺の筋肉を締め、数秒後に力を抜くことを繰り返してやってみましょう。これをケーゲル体操と言います。

排尿時に排尿を止める要領で、10回を1セットとし、1日に数セット行うと、やがて会陰筋をリズミカルに収縮させたり、弛緩させたりするといいですよ!